· 

イイ男が結婚しないはウソ 男女の婚活意識と出会いについて

幸せそうなカップルの結婚式画像

「イイ男は早く売れる」「イイ男は婚活しない」婚活を意識したことがある人なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

しかし、男女の婚活・結婚に対する意識の差を調査すると「イイ男は婚活しない」という説に懐疑的なデータが出てきます。

 

本記事では、男女の婚活に対する意識差と、求める条件の違いについて解説していきたいと思います。

 

【本記事を読むメリット】

・理想的な出会いの場がわかる
・結婚意識の差がわかる
・男の婚活スタート時期が遅めだとわかる

婚活意識の男女差が裏付ける

並んで座るカップルの画像

イイ男が婚活をしないと考えられている理由については、以下のような理由から考えられています。

 

【イイ男が婚活をしない理由】

・早く結婚してしまう

・周りが放っておかない

 

結論、「イイ物は早く売れるから、わざわざ婚活サービスを利用しないだろう」と考えられているということです。

 

ただ、これは客観的なデータがない主観的な意見であり、一方的な考え方でもあります。

 

実際に様々な婚活に関するデータを見て行くと、この説が噂に過ぎないということが分かりました。

 

まずは、男女の結婚願望に関するデータから見ていきましょう。

20代から40代未婚男女の70%は「結婚願望アリ」

 

※画像引用「未婚率上昇も、20代から40代未婚男女の約7割が「将来結婚したい」と回答 恋活・婚活中の約3人に1人は「マッチングサービス」利用経験あり」

 

サイバーエージェントが行ったアンケートでは、未婚男性の結婚願望は全年齢で50%を超えているというデータになりました。

 

男性は30代の前半・後半共にほぼ変化なし対して、女性は30代の前半と後半では大きな差異があります。

 

このデータから、出産・育児を考える女性と働き続ける男性の中では結婚に対する意識差があると推測されます。

 

次に、意識差を裏付けるデータを見ていきましょう。

※画像引用「未婚率上昇も、20代から40代未婚男女の約7割が「将来結婚したい」と回答 恋活・婚活中の約3人に1人は「マッチングサービス」利用経験あり」

 

結婚願望に対して、実際に婚活・恋活を行っている人口は約20%と非常に少なくなっており、特に男性は女性と比較して平均的に下回っています。

 

過去に婚活・恋活を行っていた割合を比較しても、女性の方が圧倒的に高く、全体的に男性の消極性が見られます。

 

男性が40代以降に婚活を行っている割合も高くなっており、男女比率が女性優位であるうちに婚活を始める方が、男性にとっては有利な環境であることが分かります。

 

男性が婚活を始めるキッカケ「1位は知人の結婚」

どのような時に結婚を意識するか 表

※画像引用「平成ジャンプ世代が感じる結婚へのプレッシャーやストレス…、不安に寄り添う“パーソナル婚活”への期待増」

 

未婚の30代男女にアンケート調子を実施したところ、男女ともに知人や友人の結婚や家庭の様子を感じて結婚を意識しだすようです。

 

つまり、20代の頃から結婚願望はあるものの、特に行動はせず、知人や友人の結婚する様子を見て気持ちが変わっていく人が多くいるということになります。

結婚相手と出会うには「相談所」が最強!?

婚活アドバイザー写真

結婚相手と知り合うには、リアル以外にもインターネットやマッチングアプリの利用等、様々な方法があります。

 

結婚した人に向けて、「結婚相手と相性が合わない」と感じている人の割合を出会ったキッカケ別に調査したところ、結婚相談所が最も少ないという結果になりました。

結婚相手と相性が合わないと思っている人の割合

※画像引用「相性重視の40代婚活には「結婚相談所」が1番おすすめ! 1,077人の声で判明」

 

一方で、結婚相手と知り合ったキッカケを調査すると、1位は職場恋愛、2位は知人・友人の紹介、3位は学校となっており、結婚相談所の割合は0.9%と1%を切る結果に。

 

多くの人が「結婚相手と相性が合わない」と感じやすい方法で結婚相手を見つけているのが昨今の現状であり、男性に至っては婚活の開始時期が遅いことから、晩婚化や未婚率の増加に繋がっていることが分かります。

 

また、結婚は職場恋愛が1位となっていますが、恋愛が禁止されている職場や、仕事のへの支障を考慮し避ける人も多いため、社会人になってから出会いの場が無くなってしまう人にとっては、インターネットや合コン、マッチングアプリで恋活・婚活を行っている人も多いはずです。

 

ただし、「インターネット」で結婚した相手と相性が合わないと感じる確率は47.7%と約半数のため、婚活や恋活の手段はよく考えるべきでしょう。

相手と知り合ったきっかけ表

「イイ男」は真剣に婚活!男女の意識差は今後の課題

スーツの男性 婚活スタート

以上のデータから、男性の婚活スタートは知人・友人の影響によるものが大きく、「イイ男は婚活をしない」という定説が噂レベルに過ぎないということが分かります。

 

それは、男性の婚活開始時期が遅めであることや、「イイ男=結婚相手として相性が良い」人と多く出会える手段が「結婚相談所」であることからも伺えます。

 

逆に言えば、誰かにとって理想の「イイ旦那・夫」になれる確率は、結婚相談所が最も高いということです。

 

結婚したいと考える男性が実際に動き始めるタイミング遅い点については、男女の結婚意識の差であり、早めに取り組むことが大切です。

 

相性の良い相手をゆっくり探すためにも、早いうちから結婚に向けて準備することで、より相性が良いと思える相手と出会えるでしょう。